各制度との違い

各制度との違い


【商事信託との違い】
商事信託は信託会社や信託銀行が財産を託され、営利を目的として「報酬」を受け取る制度に対し、民事信託は、ご家族やご親族など信頼できる個人や営利目的に「報酬」が発生しなければ信託業免許を持たない法人に財産を託すことのできる点が異なります。

【成年後見との違い】
成年後見制度は、身上監護と財産管理の機能があり、財産も守ることを目的としている制度に対し、民事信託は、身上監護はなく、財産も守るだけでなく処分や運用など自由に定めることができ、柔軟な対応ができる点が異なります。

【遺言書との違い】
遺言書と民事信託は、亡くなった後の財産の受遺者/受益者を指定することは、同じですが、民事信託では、受益者の亡き後まで指定することができる(第三受益者の指定)点が異なり、遺言書よりも意志を先々まで反映させることができます。